​HOW TO LIVE.

あなたは自分が消費しているものについて、深く考えたことはありますか? 

私たちが日々消費しているものは沢山あります。 

 

電気、ガス、水、食べ物、飲み物、洗剤類などの生活必需品の他に、
お洋服、雑貨、化粧品、オイルやクリーム、パソコン、テレビ、ラジオなどの電波…などなど

私達がなんとなく受動的に消費しているこれらのについて少し考えていきましょう。

五感を司る感覚器官...目、鼻、口、耳、皮膚。

私たちが得ている情報は、全てこれら感覚器官が受け取り、運んでくれています。

そしてこの感覚器官で受け取った感覚の全てが心に作用しています。 

当たり前のことですが、改めてよく考えてみてください。

視覚、嗅覚、味覚、聴覚、触覚…この5つの感覚が、心の状態に深く関わっているのです。 

身体が食べ物を消化吸収するように、心も、感覚器官が摂取したものを吸収しています。 

 

You are what you eat. あなたはあなたの食べたものでできている。 と言う言葉がありますが、
私たちは五感を通して受け取ったことが、私たちの心身をつくっていく一部分となるのです。

私達は食べるものには気をつけていても、感覚器官が摂取しているものについては無頓着です。 

この感覚器官は、いつも何かを摂取しているのです。 

目は、いつも何かを見つけたり、太陽や電気以外にもPCや携帯の光を取り入れている。 

鼻は、呼吸の通り道、酸素を体内に運んでくれると同時に、良い香りも良くない香りも、そして大気汚染などの物質や湿気なども取り込むことができる。 

口は、食べ物の入り口。様々な味わいを感じたり、熱い、冷たい、美味しい、まずいを感じてくれる。 

耳は、ずっと周りの音をキャッチして、大きな音楽や平衡感覚にまで力を貸してくれている。 

皮膚は、触れる心地よさ、心地悪さ、締め付けなどの感覚だけでなく、毛穴から様々なものを吸収し、排出もしている。 

特に皮膚は分かりやすく、皮膚吸収というものがあり、塗るもの、触れるものからも体内に吸収されると言われています。頭皮も、顔や身体の皮膚も全てがそうです。 

腸から吸収されるもの、食べ物にも気にかけるのと同様に自分の心身になる他の場所からの吸収にも焦点を当ててみましょう。

断片的でなく、包括的に、一時的でなく、長期的な視点を持って、消費について考えるのです。

肌のスキンケアは勿論、身につけている服の繊維や洗濯洗剤までも・・・身体に触れているもの、私たちの一部となります。

口から摂取した食べ物が自然なものではなく、化学的なものや人工的なものばかりだと

人間が全てを消化しきれず、身体の中に毒素として溜まり、味覚や、心、欲望をも異常にさせてしまうと言われていますが、

それと同様に考えると、肌に触れるもの、その他自分の身体の中に吸収される全てのものを食品と同じく

なるべく自然なもの、原材料がしっかりと自分で理解できるものだけを取り入れる必要があることが分かります。

理解できないカタカナや、よくわからない隠蔽されたような表記がされているものをなるべく避ける。

自然でない物が溢れている現代社会で良い選択を考えることはいきなりは難しく感じますが、少しずつ様々な選択肢は増えてきています。

消費に意味を見出し、自ら価値付けすること。

これが、しっかりと考えて消費すること。意思を持って、選択することなのです。 

生まれた時から、昔から使っていたから、皆んなが使ってるから、
どれも一緒で、なんでも良いと思って、なんとなく… 
こうして自分自身への無頓着へと繋がります。


不定愁訴や不調を抱えている理由がわからないのは、自分で自分の摂取しているものを理解できていない結果にすぎません。 

習慣やトレンドに流された結果、自分の大切な心身を、そして人生を自分でコントロールできず、お医者さんに丸投げすることになるのです。 

 

食べ物、触れるもの、だけでなく、全ての五感を通して得ているものが私たちの心身を作っているとしたら。 

見るもの、嗅ぐもの、聞くものにも注意を払い、できる限り選択していくべきだということが分かります。

 

強い光、人工的な光、見て不快になるものは避け、クリアではない空気、自然ではない香料などを避け、
大きすぎる音、激しすぎる音楽を避け、いい言葉だけを発し(自分が一番聞こえています)、いい言葉を聞ける環境に身を置くことです。 

これらをリストにあげて想像するだけでも私たちの五感はどれだけ沢山の、避けられないストレスを常に受けているかが分かります。 

 

定期的にこの五感を癒すことを考えなければいけません。いつもフルに使われている感覚器官をしっかりと休息させるのです。

(その他にアーユルヴェーダ的なオイルケアで五感をセルフケアすることもできます。) 

そして、見て、嗅いで、聞いて、食べて、触れて、不快に感じたり、後で自分を辛くさせているものは、二度と取り入れないようにしていきましょう。

​食べ物だけでなく、取り入れるもの、全ての ”消費” を私たちと共に考えていきましょう。 ーThe Better Choice for the Best Life.