top of page
牛神の香(お香)

牛神の香(お香)

評価はレビュー件数に基づき、5つ星中0.0です。

※予約販売。6月頭以降の発送となりますことご了承いただけますと幸いです。お香+他の製品のご注文も可能ですが、全ての製品が揃い次第発送となります。お急ぎの製品がある場合は、お香とは別にご注文をお願い出来れば幸いです。※

 

日本式アーユルヴェーダの知恵を第一線で発信するMOTHERが、アーユルヴェーダの伝統的なアグニホートラの儀式を現代の日本で実践出来るようにアレンジして"お香"という形でリリースします。

 

●アグニホートラとは?!何故、牛神?
牛は、アーユルヴェーダでは神様のように崇められています🐂
太陽(火)のエネルギーを唯一、身体取り込むことができる動物で、尚且つ、摂取した牧草の栄養素のうち、動物の生命に必要な栄養をミルクに流し、後の必要のない栄養素は身体に蓄積する・・・という特別なに神秘的な構造を持つとも言われています。
このように、太陽のエネルギーを取り込めること、そして生命に必要な栄養素を外に出す体内構造によって神聖な力、献身性を持つことから神様だと言い伝えられているのです◎
この牛たちの子牛が飲むべき栄養素を私たちはミルクやGHEEとしていただいています。
そこで、アーユルヴェーダでは私たちは牛に敬意と感謝を伝えるために、”アグニホートラ”という祈りの儀式があります。
アグニホートラは、自分自身の体、心、精神だけでなく、自分が存在する環境、空間、そしてそこに存在する人、植物、動物全てを浄化し、平和へと満たす・・・まさに『地球を癒す』非常にパワフルな儀式です。

 


●何故、お香?
日本では、まだまだメジャーではないですが、アグニホートラが、放射能を中和すると言われていることから、福島原発の放射能汚染の件で一躍有名になりました。
その他、化学物質や、農薬、その他汚染などから、土壌(農地)、海、空間、波動の浄化、更には癌などの治療に役立った事例もあるとも言われています。
そんなアグニホートラのその工程は、牛の糞を燃やしその火に米とギーを入れ、共に燃やし、感謝と祈りの言葉を唱える・・といったように、多くの人がこんなことはできない!といった内容でもあるのが事実です。
そこでこのアグニホートラの儀式を現代の日本で実践出来るように、アレンジして"お香"という形でお届けすることになりました。

 

●作り手ご紹介
岡田愛里
AIRI OKADA  air.i___
1991年8月21日生まれ。
嗅覚芸術、調香を学んだのち、お香の創作を開始。
フィールドワークから作るお香、人や土地、自然をテーマにした嗅覚のあそび等のワークショップやライブパフォーマンスにあわせた香りの演出を行う。
採集した自然物と世界の薬草や樹脂等で創るお香のブランドBRANCH INCENSEを始動。

  • 税抜・税込価格

    税抜価格:¥2500+消費税¥250
    税込価格:¥2,750

  • 容量

    10本

  • 燃焼時間

    30分/1本

  • 素材

    牛糞、乳香

  • 使用方法

    貝殻や穴の空いた石、お好きな器に灰や土や砂を入れたものをお香立ての代わりとして活用ください。

  • ご注意

    化学糊や防カビ剤など使用していないため、高温多湿を避けた保管環境にご配慮いただき、優しくお取り扱いいただけますと幸いです。火のお取り扱いには十分にお気をつけください。

¥2,750価格
まだレビューはありません最初のレビューを書きませんか? あなたのご意見・ご要望をぜひ共有してください。
bottom of page