​Who are you?

"自分は、何者か?" 

ということを考えたことはありますか?

 

ストレスや、人間関係における悩みから、環境破壊に至るまで、現代人が抱えている問題は、

元を辿れば「自分とは、何なのか」がわからないという根源的な問いに突き当たると言われています。

 

私たちが高い目的を持てずにいる理由の大元が、この点にあるのです。

本当の意味で「自分のことを知る」=自分自身に目を向けることにその解決策は潜んでいます。

“今のあなたは、あなたが今まで考えてきたことの結果です”

 

 私たちの健康状態は、今まで自分の身体についてどう考えをめぐらしたか、を具現化したもの。

現在の地球環境の状態も、私たちがこれまで何が必要なのか考えてきたことの結果を示しているのです。

結果には必ず原因があり、全ての作用は単一ではなく包括的で全体的な相互作用をもって働くと考えたとき、

「わたしはカラダ(肉体)でしかない」という考えが、自分自身のへの理解を不完全で不解明なものにしてしまいます。

私たちは、断片的に肉体を満足させることによって自分を満足させようとするので、

心の飢えが深刻になるにつれ、もっとがむしゃらに「何か」を求めるようになります。

 

AYURVEDA&YOGAでは、肉体は精神の住処、肉体はただの家、家主が自分。

と考えます。人生という道を目的地に向けて進むた為の、車が肉体で、運転手が心です。

 

私達は、人間関係でも、親密になればなるほど人を容姿で判断せず、中身で理解するようになります。
人間は肉体以上にその中身に価値があるのです。

 

このように私達は内側にある神聖さや、人間が有する高い精神性を忘れないようにするツールが必要です。

繊細な内側の声や感覚を感じ取るためには、生活を ”スローダウン” すること。

そして五感を正しく使うこと、より良く生きるための”生き方”のガイドを受けることが

日々混沌の中で豊かに生きる為のコンディショニングに役立ちます。

朝は早起きをして、少しでもゆったりとした時間を過ごし、落ち着いたスタートを切ります。

また、朝の瞑想や読書は特にお勧めです。

 朝のほんの少しの時間を瞑想や精神的な教えのある読書に当てるだけで1日全体が安定してきます。

上記は夜も同様に、良い朝を迎える為の睡眠の準備となります。

 

外側の身体(肉体)ではなく、内側の世界、心の世界

思考、感情、衝動、願望などでできた、目に見えない世界を見つめることが本来の自分を知ることに繋がります。

 

現代人はじっとすること、何も考えないこと、身体も頭も静止させ、穏やかでいることが苦手です。

素晴らしい健康、湧き上がるエネルギー、不屈の愛、英知…

その全て備わった人生の基本が、瞑想だと言われています。

それは誰もが切望している深い心の安らぎを得るための基盤でもあると思います。

お金も成功も、名誉も世の中が与えてくれるどんなことも、人間を満足させることはできません。

私たちが求めていることは、一時的な満足ではなく、永遠に続く歓びなのです。

 

心をスローダウンさせ、穏やかに平穏に明晰にさせること。

そしていつも良い言葉を見て、聞いて、発することに集中しつづけていると、それが意識の中に深く浸透していき、

その中に含まれている理想が、私たちの性格と行動を少しずつ変えていくようになるのです。

 

自分自身は何者かを知ることは、自分自身の真の姿を見ること。

AYURVEDA&YOGAの知恵を、皆様と共有し、共に学び、共に成長することで、

人間の、人生の本質を考え、より豊かで幸福な ”生き方” が、世に益々広がりますように。

※  近日、YOUTUBE & note にて、”より良く生きる為の知恵” を配信予定 ※