top of page

10月30日(月)

|

zoom

10月SATSANG

MOTHERメンバー・寺子屋会員特典:SATSANG~こころのおはなし会~ ドロップインでもご参加いただけます。 寺子屋やコミュニティに興味はあるけど参加を迷っている方・・是非お気軽にご参加ください。 ※MOTHERメンバーシップ(コミュニティ)/寺子屋会員の方はお申込み不要です。

受付が終了しました
他のイベントを見る
10月SATSANG
10月SATSANG

日時・場所

2023年10月30日 18:00 – 18:05

zoom

イベントについて

▼テーマ

【腹 (はら、なか、フク)】

つくづく「日本語」というのは面白いと感じます。 そのように感じる一つとして「腹」がつく諺、言い回し、慣用句があります。 『腹黒い、太っ腹、腹を立てる、腹が据わる、腹落ちする、腹を決める、腹を割って話す・・・・』 何かの感情や状況を表すときに「腹」という言葉が使われ、的確に相手にそのニュアンスを伝えることができますよね..! ここで言う「腹」を少し包括的に捉えると、腸や子宮、とにかくお腹まわりが何か私の心や感情、脳にも大きく関わっているように感じます。 「丹田」という言葉もありますね。お臍から指3,4本分ほど下のあたりを指すかと思いますが、私自身幼い頃から祖父や剣道をしていた頃の先生に精神性を説かれる時に やたら「丹田」というワードを耳にした記憶があります…^^; 腸内環境、子宮ケア、、、これらはここ最近はどの健康情報にも欠かせない観点で、ただ単純に身体の健康に作用するだけではない(心や精神面にも大きく影響している)と感じている人も多いのではないでしょうか。 10月になり一気に秋を感じ、日によっては冬の気配すら感じます。 アーユルヴェーダ的にはVATA(乾燥)の季節に突入し、心身ともに潤いが枯渇し、冷えが生じてきます。 これまた不思議な習わしですが、"寝る時もお腹だけは冷やさないように・・" そう育ってきた方も多いのではないでしょうか。 そして雷が鳴れば臍を隠す癖、、、皆さまはありませんか? お腹が痛いと ”の” の字にお腹まわりをマッサージしたり・・・ とにかくお腹は私たち人間にとってとても重要な臓器の一つのようです・・! ※余談※ 以前鍼灸を初めて受けさせてもらった時、”お腹が硬すぎる!!!!”と言われました..! 腹筋があるから・・という言い訳は通用せず、、芯から固まっていたようです。 それが全ての根幹だからこそ、鍼灸でまずはお腹の状態を診ると仰っていました。 そんな「お腹」をテーマに内から外から意識する時間をとってみていただけたら嬉しいです

チケット設定

  • リアルタイム参加チケット

    ¥1,100
    販売終了

合計

¥0

このイベントをシェア

bottom of page