top of page

12月07日(土)

|

THE_B

Relationship with partner. 〜女性のカラダ、パートナーシップ~

女性特有の心身の不調、生理について…女性のカラダとの向き合い方。そしてパートナーシップを考えるイベント。重見 大介先生(産婦人科医)をお招きし産婦人科医からの視点と、アーユルヴェーダ的メゾットにより紐解く自分自身、そしてパートナーとのより良い付き合い方についてお話します。カップル、夫婦での参加や男性も大歓迎です。

お申し込みの受付は終了しました。
他のイベントを見る
Relationship with partner. 〜女性のカラダ、パートナーシップ~
Relationship with partner. 〜女性のカラダ、パートナーシップ~

日時・場所

2019年12月07日 16:00

THE_B, 日本、〒107-0062 東京都港区南青山5丁目6ー16スズカタビル1F

参加者

イベントについて

女性のからだへの理解を深めたい、男性に自分のからだを理解してもらい、お互いの絆を深めたい方々のために、このイベントを企画しました。毎月くる生理やPMS等 女性特有の身体の不調に悩んだり、認識不足からくるパートナーとのコミュニケーションエラーを、なんとなく見て見ぬふりをして過ごしていませんか?今一度自分自身のからだについて理解を深め、大切なパートナーとも関係を見つめ直してみましょう!

---

女性は一ヶ月に数日間月経というものが存在します。 よく考えてみると初潮を迎えてから閉経するまでの期間、個人差はあるものの、実に1/6〜1/4もの時間を月経と付き合っているのです。  男性と女性の寿命は5-6歳も違っていることをご存知でしょうか? アーユルヴェーダでは、それは女性には画期的なデトックスメカニズムが備わっているからと言われています。  アーユルヴェーダに出会う前の私は、それはそれは全ての理由において月経の時間が大嫌いでした。自然の摂理や人体のメカニズム、あるべき状態を知ることもなく、利点を見いだすことができなかったのです。しかし今ではその時間をとても有効的に感じているし、楽しんでさえいるのです。優秀なデトックスシステムに有り難ささえも感じています。月経中も含めて、かけがえない大切な自分の人生の一部。そして起きていることに意味のないことはないのです。実はPMSも、本来自然なものではありません。私たちの不自然な生活の結果起きてしまう症状なのです。  普段相談したり打ち明けたりしにくい内容を共有したり、意味を知り、真実と向き合うことで今まで億劫に感じていた月経中の期間でさえも楽しんで過ごすことができます。そしてもし、これらの問題に関してあなたが大切なパートナーとの関係性について考えている場合にも必ず良い方向へ進むことができるでしょう。  当日は、実際にお家で簡単にできるマッサージやドリンクのHOW TOも紹介したいと思います。皆さんとかけがえない時間をシェアできますことを楽しみにしています。Sayaka 

---

【イベント構成】

15:30 Door open

16:00 Start

・専門家による女性を取り巻く身体の不調(生理・PMS)についてご紹介。

・重見 大介(産婦人科医) × 岡 清華(東洋医学アーユルヴェーダ/管理栄養士) 

・簡単に日常に取り入れられる3つのワークセッション By Sayaka Oka 

 1.アーユルヴェーダを元に男性でも作れるような簡単なホットドリンクの作り方を伝授 

 ※実際に飲みながらトークを聞いていただけます

 2.簡単に出来るマッサージやツボ押し

 3.チェアヨガ

18:00 Close

チケット設定

  • 第一回講座受講

    事前決済のみで受け付けしております。

    ¥3,000
    販売終了

合計

¥0

このイベントをシェア

bottom of page