• Kie

薬量開発(株)様 腸活Ayurveda&yoga

寒暖の差が激しい日が続き、身体のバランスが崩れやすくなるこれからの季節。


アーユルヴェーダの知識をベースに、この時期をより良く過ごすことをテーマに、青山のスタジオにて、オーガニックランチ付きのアーユルヴェーダとヨガの2部構成のイベント『~私の取扱説明書を作ろう Vol.3 温活&冬を迎えるための身体づくり~』が開催されました(主催:オーガニックハウス、シナグロ等を経営する薬糧開発株式会社)。

イベント前半のヨガでは、はじめに、Sayakaさんから、これからの季節「秋・冬」について、アーユルヴェーダでは「乾燥性」「軽性」などの特徴があるVata(ヴァータ)の性質が高まる季節といわれているというお話がありました。

この性質は、人間の身体や心にも影響を与えるらしく、これからの時期は、気持ちが落ち着かなくなったり慌てたりといったことが増えてくるそうです。

このため、この日のヨガは、ゆっくりとした動きで身体全体の安定を感じながら、地面に向かってグラウンディングする感覚を養っていくようなものでした。

ゆっくりとした動きでも、1時間集中してヨガをすると皆さんじんわりと汗がにじんできていましたが、最後まで丁寧に、ゆっくりとした動きを意識して、自分の身体と心に集中していました。

このヨガを通じて、自分の癖や弱いところ、次のことがついつい気になるなど、普段の生活の中では気がつきにくい自分の身体と心の特徴などに気が付くことが出来た様子でした。

ヨガの後は、皆さんスッキリとした、とても良い表情をしていました。

イベント後半の座学付きアーユルヴェーダランチでは、Sayakaさんから「よくYou are what you eat(あなたは、あなたが食べたもので出来ている)という言葉を耳にします。これはたしかに大切なことですが、今回はHow to eat(どう食べるか)という、もう一つ大切な部分にフォーカスしてお伝えしたいと思っています」というお話がありました。

ヘルシーな食事というと、ついオーガニックや無添加なものなど、「What(何を)」の部分だけに意識が向きがちですが、「How(どうやって)」というあまり耳にしたことのない部分のお話が聞けるとわかり、参加者の皆さんは益々興味深々のご様子でした。


アーユルヴェーダでは、”食事中に胃腸を正しい位置に整えることできちんと消化ができるので、食事中の姿勢が大切”と考えられているそうです。

また、”消化できるものを、よく噛んで、集中して食べることが重要”で、”自分の内側を感じて食事することは、前半で行ったヨガと同じ”であるといったお話もありました。

ヴァータの性質が高まり、せわしない時期になるからこそ、食事の際は、ひと口食べるごとに箸を置いて、しっかり味わってよく噛むくらいのゆっくりとした動きを意識して食べることが良いそうです。

Sayakaさんのお話を伺った後は、いよいよランチタイムです。

テーブルに並んだ、緑豆とひよこ豆のフムス、春菊のクミン炒め、紫芋と南瓜のハーブ煮などのカラフルで美しいアーユルヴェーダのお料理を見て、参加者の皆さんから思わず歓声が上がりました。

Sayakaさんのお話から学んだことを生かして、皆さん、自分の身体が今どれくらい消化できるのかを自分の身体に問いかけながら、自分が今食べられる量を自分でお皿に盛り付けていきました。


私は、普段の食事と比べると少し少ないかなぁと思うくらいの量にしたのですが、実際に食べ始めたら、その時の自分にはちょうど良い量だったことがわかりました。

また、よく噛んで食べること、ゆっくりと食べることを意識して食べてみたら、普段、自分がどれほど慌てて食べているかということや、食事をきちんと味わっていないかということも実感しました。


食後は、Sayakaさん特製の”消化を助ける作用のあるお茶”を飲みながら、参加者の方々からの質問タイム。

皆さん、Sayakaさんから学んだことを自分達の生活に生かそうとしていることが伝わってきました。

秋冬をどう過ごしたかが、次の季節・春の体調に影響するといわれています。

これからの時期に特に大切なことは、心と身体のつながりを意識して丁寧に過ごすこと、日々の生活一つ一つを意識的にスローダウンさせていくこと、というメッセージでイベントを締めくくりました。


次回は、1月に開催予定です。


------------------------------

Writer: JUNKO

化粧品メーカーにてリサーチャーとして勤務。プライベートでは、Ayurvada, Aroma, Yoga/HotYoga, Organic, Spa, etcをとりいれたlifestyleの実践を通じ、ココロとカラダの調和、地球や宇宙とのつながりにまで想いを馳せて活動中。

Editor: Kie(輝く女性のインタビューSea the Sun主宰、ライター)

輝く女性から話を聴くことが大好き。彼女たちを応援したくて、繋がり合い、応援し合えるコミュニティをつくりたくて、Sea the Sunを立ち上げる。自らも、心と身体のヘルシーさ、持続可能な輝きを追求し、現在ヨガRYT200を取得中。https://kieksummer.wixsite.com/seathesun

instagram: seathesun_interview





109回の閲覧